FC2ブログ
藤沢駅前AGAクリニックスタッフブログ「髪は長い友達」

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性の薄毛について - 2018.08.05 Sun

連日暑い日が続いていますね。
皆様はお変わりないでしょうか。
夏は高温、多湿、紫外線で薄毛には厳しい季節、
通気性の良い帽子や日傘で頭皮を守ってください。

今回は女性の薄毛について書いてみます。

以前にも書きましたが、女性の薄毛は原因を特定できない
ことが多く、治療法も確立していないのが現状です。
それでも女性の薄毛に有効な薬はいくつか出ており、
じっくり時間をかけて対処していけば効果を期待できます。
ただ男性の薄毛(AGA)のように劇的な変化が得られないため、
途中で諦めてしまう方が少なくありません。
もったいないですが、意欲が上がらないのは分かります。
そこで内服だけで効果が出づらい女性の薄毛の場合は、
アブレイティブ・フラクショナルニードル(ダーマペン)による
グロースファクター再生治療をお勧めしています。
アブレイティブ・フラクショナルニードル(ダーマペン)は肌再生治療の一つで、微細な針で頭皮に
無数の穴を開け、傷を治そうとする肌細胞の再生能力を
引き出す治療法です。
アブレイティブ・フラクショナルニードル(ダーマペン)による
グロースファクター再生治療はアブレイティブ・フラクショナルニードル(ダーマペン)で頭皮に開けた穴から育毛
カクテル〔成長因子(グロースファクター:GF)〕を浸透させて、
頭皮再生と毛根活性化を組み合わせた毛髪再生医療です。
内服とほかの治療を組み合わせることで改善までの時間を
少しでも短くして、治療意欲を保つことで治療効果を上げて
いきたいと考えています。
女性の薄毛治療は時間がかかります。
でも諦めずに続けていくことで効果が得られます。
私たちがそのお手伝いをします。

当院は男性医師、女性医師が在籍しています。
*男女どちらかだけの診察を希望される方は、
予約時にその旨をお伝えください。
ご希望に添える診察日をご案内致します。


スポンサーサイト

AGA治療継続の大切さ - 2018.07.15 Sun

今年は例年以上に暑さが厳しい夏ですね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今日はAGA治療継続の大切さについてお知らせします。

AGA治療の基本は男性ホルモンの毛根への攻撃を抑える薬の内服です。
薬を内服して効果が発現するまでに3~6ヶ月かかります。
薬の血中濃度とその効果が安定的するまでに3ヶ月ぐらいかかるからです。
効果が出始めると毛は太くなり、抜け毛が減っていきます。
主に新しく生えた毛に変化が出てくるので、内服開始後6ヶ月ぐらいまでは、
良い毛がすでに生えている髪に隠されて効果が分かりづらいのです。

内服開始から1年を過ぎると効果は安定するのですが、改善の度合いは減少し、
2年を過ぎると良い毛を維持する意味合いが強くなってきます。
そのため治療開始後2年ぐらいで治療をやめようと考える方が出てきます。

で、内服を中止するとどうなるか?
内服をやめて数ヶ月は良い毛が残っているので、すぐに変化はありません。
しかし、新しく生えてくる毛は細く、弱い毛の割合が増えてきます。
その結果、数ヶ月から1年で治療前の状態に戻っていきます。
つまり再び抜け毛、薄毛が進行すると言うことです。

AGA治療は薬の継続に依存しており、内服をやめると、効果を持続できないのです。
再び治療を開始すれば改善が得られるのですが、中止前の状態に戻るのに
再び1~2年かかりますし、戻る保証はありません。
つまり内服によって薄毛が改善したから、維持できているからといって、
もう大丈夫だと思ってはいけないのです。
効果を維持するためには内服治療の継続が大切なのです。

では、内服をやめられるのはいつなのか?
*個人的な見解ですが、
男性ホルモン量が低下してAGAのリスクが低下してからと考えています。
AGAの程度や体質、治療開始年齢によって中止可能な時期が異なりますが、
少なくとも45~60才まで内服が必要だ考えています。
院長

【AGA治療内服薬を行う前にしっておいて欲しいこと】 - 2018.06.03 Sun

AGA治療はこの十数年でたくさんの方に認知されてきました。

しかしそれに伴い多くのクリニックが乱立し、

消費者センターへの苦情も多く寄せられています。

そこで、クリニック選びの参考になればと思い、

【AGA治療内服薬を行う前にしっておいて欲しいこと】

を書いてみました。

ご参考にどうぞ。

現在様々なクリニックで、

様々な種類のフィナステリドをはじめとするAGA治療薬が処方されています。

現在世界で約40種類のジェネリックや類似薬品が出回っています。

平行輸入はお安く提供はできるですが、どこの国が製造し,その有効成分は問題ないのか?

などチェックが必要です。中には粗悪品があるようです。

従ってフィナステリドやデュタステリドは長期服用するものですので、

日本製で正規品を推奨します。しっかり確認して下さい。

また最近消費者センターに美容外科手術や薄毛治療のトラブルが多数報告されているようです。

「初回は安く提示されていたのに、その後は高いお薬を買わされた」、

「いきなりローンを契約された」などトラブルも耐えないようですが、

おかしいと思われたら一度帰宅しましょう。


<<適切な医療が行われているか見分け方>>

カウンセリングを医師が行っていない

錠剤シートに日本語が書かれていない

錠剤をシートから出して小分けにして販売している

処方される際に「どこのメーカーのお薬ですか」と尋ねてみて、

 しっかり答えない?

希望していないのに、他の治療も抱き合わせですすめられた

ローンをすすめる、クロージングが行われている

患者様の意思によるものですので、主張はしっかりしましょう。

また一旦帰ることも大切です。

藤沢駅前AGAクリニック



医療広告ガイドラインの改定に伴うHPおよびブログの変更について - 2018.05.28 Mon

2018年6月より、医療法における病院等の広告規制(厚生労働省)に沿い、
当院ホームページおよび、このブログ記事(過去のブログも対象)内の表現、薬品名を随時変更、
症例写真(ビフォー・アフター)には、リスク・副作用・合併症を記載するよう、現在、改訂を進めています。

また、当院ホームページに掲載の薬品名および器機、施術名の表記・名称が変わります。

変更される対象は以下になります。

・ダーマペン   → アブレイティブ・フラクショナルニードル

・プロペシア   → フィナステリド(プロペシア)

・フィナステリド → ジェネリックフィナステリド

・アボルブ    → デュタステリド(アボルブ)

・パントガール  → 経口ビタミン調整剤(頭髪・爪用:パントガール)

・ロゲイン    → ミノキシジル5%含有液(ロゲイン)

・デュアルゲン  → ミノキシジル15%含有液(デュアルゲン)

・リポゲイン   → ミノキシジル3%含有液(リポゲイン)

・ダーマペンによるグロースファクター再生療法
 → アブレイティブ・フラクショナルニードルによるグロースファクター注入治療

・頭皮再生ダーマペン
 → 頭皮再生アブレティブ・フラクショナルニードル

・ニンニク注射/ニンニク点滴
→ ビタミンB1(ニンニク)注射/ビタミンB1(ニンニク)点滴

・ザガーロ
→ デュタステリド(ザガーロ)


※変更に伴う混乱を避けるため、一時的に旧名称も( )内表記している箇所があります。

ご不便をお掛けいたしますが、ご理解のほど、どうぞお願いいたします。


藤沢駅前AGAクリニック

謹賀新年 - 2018.01.01 Mon


ブログ年頭挨拶_AGA





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

FujisawaAGA

Author:FujisawaAGA
藤沢駅前AGAクリニックのブログ
薄毛、抜け毛の情報共有の場に!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (3)
雑記 (18)
AGA (49)
女性の薄毛 (4)
お知らせ (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。