藤沢駅前AGAクリニックスタッフブログ「髪は長い友達」

2014-01

薄毛治療を始めた45才モニター患者さんの途中経過 - 2014.01.31 Fri

今回は、

薄毛や抜け毛で悩まれていた45歳の男性患者様に、

薄毛治療を行い、その途中経過を報告したいと思います。

スライド

患者様は抜け毛や薄毛で悩まれ、当院を受診されました。

治療は以下の内服と外用治療でスタートしました。

スライド1

内服治療はフィナステリド1mg(プロペシア)で、

男性ホルモンを抑えるお薬です。

1日1回内服します。

*食前、食事問わず、自分で時間を決め内服します。


一方で外用はミノキシジル5%(ロゲイン)で、

頭皮の血行をよくするものです。

1日2回外用します。

*洗髪後に髪の毛を乾かしてから塗布、整髪料は最後につけて下さい。

治療を開始し、約3ヶ月が経過しました。

毎月その経過を追いましたので、みていきましょう。

スライド2

開始して1ヶ月は目に見えた効果は出ていませんが、

2ヶ月を経過すると、

少しじつ頭皮の見えていたところが減少しています。

治療開始後3ヶ月で治療開始前と比べ、改善しているのがわかります。

スライド3

いかがでしたか?

決して諦める必要はありませんよね。

多くの患者さんの場合、

AGA治療は開始後3~6ヶ月で目に見えた効果が期待できます。

また内服治療は1日1回でOKですので、

簡単に始めることができます。

次回はこの患者さんの感想を含め、

治療内容をもう少し詳しくお話したいと思います。



藤沢駅前AGAクリニック






スポンサーサイト

最近の薄毛治療のトレンド~毛髪再生医療とは②~ - 2014.01.20 Mon

今回も毛髪再生医療がテーマですが、

毛髪成長因子を注入するダーマペンの施術を掘り下げてすすめましょう。

ダーマペンは一定の深さに均等に毛髪成長因子を注入できるので、

信頼性は高いものがあります。


それでは施術の手順について解説します。

前日に洗髪を済ませておいて下さい。

当日はキャップをお持ち下さい。

スライド2

まず施術部位にエムラクリームという麻酔を塗り込みます。

注射と違いクリームですので全く痛みはありません。

クリームを塗り約40分間待ちます。

クリームを拭き取り、成長因子を塗布し、

ダーマペンを使用してまんべんなく注入します。

無数の針を差し込んでいきますので、

施術部位から少し血が滲みます。

一瞬擦過傷のようにも見えますが、

すぐに薄い赤みに変わるので問題ありません。

その赤みも2~3日で改善します。

スライド3

2ヶ月経過(4回施術すみ)していますが、ずいぶん改善しています。

この改善速度は内服単独治療(効果発現までに約6ヶ月はかかります)ではなかなか得られません。

早く効果を出したい方にはオススメですね。


ところで施術の回数ですが、

➀2週間1回を4回、

②1ヶ月に1回を4回、

③3ヶ月に1回を4回

約1年6ヶ月かけて行う長丁場の治療です。

しかし、髪の毛を剃ったりする必要がないですので、

仕事をしながらでも出来るのが魅力的です。


いかがでしたか?

根気のいる治療ですが、

内服や外用で効果が乏しい方や、

今まで色々と試したけど効果が乏しかった方には、

オススメの施術です。


藤沢駅前AGAクリニック





最近の薄毛治療のトレンド~毛髪再生医療とは➀~ - 2014.01.06 Mon

明けましておめでとうございます。

今年も“髪は長い友達”を宜しくお願いします。


本年の最初のブログは再生医療についてです。

それも最新の毛髪再生医療のお話です。


AGA(男性型脱毛症)や、

女性のびまん性脱毛症の基本的な治療は、

内服と外用治療です。

内服は、

男性であればプロペシア、

女性であればパントガールが一般的です。

また外用は、

頭皮の血行をよくするミノキシジルの入った成分が有効だと言われています。

しかし、最近では、

頭皮に直接“毛髪成長因子”を注入する方法がトレンドです。


毛髪の成長シグナルが止まると、

毛髪の成長・再生も止まるため薄毛が進行します。

そこで、

薄毛の原因の一つとなる

これらの“成長因子(グロースファクター)の不足”を補うため、

直接頭皮から毛根周辺まで育毛カクテルを浸透させていくことで、

薄毛、抜け毛の予防し、毛髪の再生を促す治療です。

女性の薄毛治療

この重要な成分を注入浸透させるには・・・

2つの方法があり、

一つは注射による注入です。

これが結構痛みを伴います。

また頭皮の厚さによって針を刺入する深さを調節が必要で、

テクニックを要します。

一方でもう一つの方法がダーマペンを用いた注入方法です。

ダーマペンによる施術は、

器械が一定の深さで毛髪成長因子を注入する優れた方法です。

また頭皮に麻酔クリームを塗って行うために、

施術中の痛みがほとんどありません。

これらの方法の優れた点は、

外用と違い、

確実に頭皮に成長因子を注入できることです。

痛いのは多少我慢できる、施術時間は短時間ですませたいような場合は、

注射がオススメです。

痛いのは嫌だ、麻酔時間(約40分)はかかってもいいというような場合は、

ダーマペンがオススメです。

個人的にはダーマペンがオススメです。


次回は、

ダーマペンによる施術のタイミングや回数など、

具体的な方法を説明したいと思います。

藤沢駅前AGAクリニック


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

FujisawaAGA

Author:FujisawaAGA
藤沢駅前AGAクリニックのブログ
薄毛、抜け毛の情報共有の場に!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (18)
AGA (48)
女性の薄毛 (3)
お知らせ (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ