藤沢駅前AGAクリニックスタッフブログ「髪は長い友達」

2014-04

散髪もしてないのに短い毛が抜けるときは要注意! - 2014.04.27 Sun

男性の進行性脱毛の症状として、

短くて細い毛が抜けていくというものがあります。

散髪した直後の洗髪では、

短い毛がたくさん排水溝や床に落ちていても何ら問題ありません。

しかし・・・

散髪もしていないのに、

短くて細い毛がたくさん抜ける状況はいただけません!


一般的に、

髪の毛は一定のヘアサイクル(毛周期)に従い生えたり抜けたりを繰り返しています。

そのサイクルは3サイクルあり、

2~6年という長いスパンの“新しい毛が成長する・・・成長期

2週間という短いスパンの“毛の成長速度が落ちる”・・・退行期

そして、

3~4ヶ月という数ヶ月スパンの“髪の成長が止まり抜け落ちる”・・・休止期があります。

また髪の毛1本1本のサイクルは異なっていて、

抜ける時期も違い一度にまとめて抜けることは通常ではありえません。

しかし、

男性の進行性脱毛症であるAGAでは、

下記のイラストに示すように正常サイクルとは異なっています。

毛周期改訂

つまり、

ヘアサイクルが“何らかの原因”で短縮されると、

髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまいます。

そうなんです。

散髪もしていないのに、短い毛が多く抜けるような場合は要注意です。

こういう症状を放置すると、

硬く太い毛が少なくなり、

柔らかく細い軟毛ばかりが増えることでボリュームがなくなり、

結果的に頭皮が露出する“薄毛”の症状が進行するわけです。

驚きかもしれませんが、

実は・・・

成人男性の4人に1人はこのような症状が原因の“薄毛”だと言われています。


いかがでしたか?

長い毛が抜けるのはちゃんと役目を終えた毛、

しかし、短い毛が散髪したかのように抜けるのはAGAのサインです!

AGAの進行を早めに食い止めるためにも、

こういったサインは見逃さないようにしましょう。


藤沢駅前AGAクリニック




スポンサーサイト

女性の薄毛治療~モニターさんの経過~ - 2014.04.08 Tue

今回は女性の薄毛治療で、

当院2名のモニターさんの治療途中経過を報告したいと思います。

モニターさんは、

60代と20代の薄毛に悩む患者様です。

ダーマペンを用いたグロースファクター(GF)再生療法に協力してもらっています。

*GF再生療法の詳細は>>>こちら

まずダーマペンですが、下の写真のように、

スライド2

電動式で皮膚に無数の小さな穴を開けられる構造になっています。

施術は麻酔クリームを塗布し、

40分経過してか行います。

そのため施術中の痛みはほとんどありません。

そして、

毛髪再生因子です。

成分は以下に示します。

スライド1

頭皮に穴を開ける前に、

この毛髪成長因子を塗布します。

あとは頭皮をマッサージするように、

ダーマペンを動かし、

成長因子を入れ込んでいきます。

その後は10分程度冷やして終了です。


では・・・

それぞれの経過をみていきましょう。

まずは、

60代女性、びまん性脱毛症です。

スライド3

現在2回治療し、1ヶ月経過していますが、

少し改善しています。

次は、、、

20代女性、分け目と生え際の薄毛を悩まれてGF療法を開始しました。

スライド4

現在4回治療し、2ヶ月が経過していますが、

頭頂部は若干の改善を認めます。

一方で、

スライド5

生え際はかなりの改善が認められます。

これには患者様もビックリです。


いかがでしたか?

2名のモニターさん共に、

経過に大変満足され現在も継続中です。

今後も経過を追い報告していきたいと思います。

藤沢駅前AGAクリニック






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

FujisawaAGA

Author:FujisawaAGA
藤沢駅前AGAクリニックのブログ
薄毛、抜け毛の情報共有の場に!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (18)
AGA (49)
女性の薄毛 (4)
お知らせ (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ