藤沢駅前AGAクリニックスタッフブログ「髪は長い友達」

2014-11

Q.プロペシアの内服はいつまで続けるの? - 2014.11.21 Fri

AGA(男性型進行性脱毛症)治療では、

原則その原因となる男性ホルモンを抑えるお薬を内服します。

*一般的にプロペシア(フィナステリド)と呼ばれるお薬です。

そのため、

内服治療を行う上で様々な質問を受けます。

今回は、その中でも比較的多い質問ですが、

初めてプロペシアを内服する患者様や、

内服継続中の患者様から、

「薬は飲み続けないといけないのですか?」

「かなり改善したけど、いつまで続けるもんなんですか?」

「止めたらどうなりますか?」

・・・などの質問を受けます。

お薬の継続のご質問ですね。


プロペシアは以前からこのブログでもお伝えしていますが、

AGAを治すわけではなく、

男性ホルモンを抑制することで進行を止め、

薄毛、抜け毛をくい止めているわけです。

逆に言えば・・・

内服を中止すれば、今まで押さえ込んでいた男性ホルモンの抑制が取れ、

再び薄毛、抜け毛が進行し始めます。


ところで、

先日こんなエピソードがありました。

患者様は別のクリニックで5年間プロペシアを内服し、

薄毛、抜け毛がかなり改善して喜ばれていたようです。

ところが、

通院していたクリニックの移転に伴い、

患者様は通えなくなり、半年間内服を止めていたそうです。

すると・・・

“頭髪が5年前の状態に戻ってしまった!”

・・・ということをお聞きしました。

そこで、当院で内服を開始したいということでした。

これが頭髪医療、プロペシア内服治療の現状です。

“完全治癒”ではなく、進行をくい止めるものなんです。

この患者様は、

内服を一旦中止したことで、

再び薄毛、抜け毛が進行していきました。

AGA治療を始めるにあたり、

その進行を予防するために・・・

“継続”は重要なファクターになります。


現在は薄毛、抜け毛の進行を止めることに限界はありますが、

毛髪再生医療などの研究は日々進歩しており、

近い将来AGAが完全に治癒する日は来るでしょう。

我々治療する側もそれを願っています。

藤沢駅前AGAクリニック



スポンサーサイト

増えたのではありません。太くなってきたんです! - 2014.11.12 Wed

AGA治療を開始して3カ月を過ぎると、

効果を実感し始めるわけですが、

多くは・・・

「抜け毛が減った。」

「コシが出てきた。」

・・・と感想を述べられる患者様が多いのですが、

中には「先生!増えたよ!!!」

・・・と喜ばれる方がいます。

そうなんです!確かに“増えたように”見えるのですが、

実はそうでもないんです。

下の症例写真をご覧ください。治療開始前の状態です。

スライド1

患者様はAGAで来院された40代の男性です。

スライド2

プロペシアの内服とミノキシジル(15%)の外用で治療を開始しました。

4カ月の経過を見てみましょう。

スライド4

スライド3

かなり改善していますね。

確かに増えたように見えます!

しかし、下の写真をみてみて下さい。

スライド5

そうなんです!

1本1本の髪の毛が“太く”なっているんです。

患者様が増えたように感じられるのもむりはありませんが、

これは太く長く抜けずに残ってくれているんですね。


いかがでしたか?

患者様にとっては改善することが一番であって、

太かろうが、増えようがそれは大きな問題ではないのかもしれません。

しかし、、、

AGA治療は髪を増やすわけではなく、

短く細くなって抜けていた毛が、

太く長く、そして抜けにくくする治療なんですよ。


藤沢駅前AGAクリニック





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

FujisawaAGA

Author:FujisawaAGA
藤沢駅前AGAクリニックのブログ
薄毛、抜け毛の情報共有の場に!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (18)
AGA (49)
女性の薄毛 (4)
お知らせ (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ