藤沢駅前AGAクリニックスタッフブログ「髪は長い友達」

2015-07

テニスプレイヤー - 2015.07.25 Sat

高校時代からテニスをやっていたせいもあって、
プロテニスツアーのTV観戦は楽しい。
錦織圭選手の活躍以来、4大大会以外もよくチェックしている。
相変わらずBig4(ビッグフォー)といわれるジョコビッチ、フェデラー、ナダル、マレーが強く、
錦織選手がそこへ食い込めるかが見所です。

でも今回はちょっとAGAっぽいナダル選手の特徴があまりにも気になるので紹介します。
 
それはナダルがサーブを打つ時のクセです。
サーブの前に儀式のように同じ仕草を繰り返すのですが、
毎回必ず間違いなく行い、思わずクスッとしてしまう。
ただあまりにもくどいので、対戦相手だけでなく、
観客も人によってはイラつくだろうなという感じ。

その仕草とは、
1.お尻に食い込んだパンツを直す。食い込んでいなくても直す。
2.左肩→右肩の順にシャツの生地を引っ張る。
3.鼻をさする。
4.左目の下をさする。 
5.左耳にかかる髪の毛を直す。
6.鼻をさする。
7.右目の下をさする。
8.右耳にかかる髪の毛を直す。
これをサーブ毎に全て右手でやる(左手はラケットを握っている)。

あと、コートに入るときと出るときは必ず右足で線を踏まないようにまたぎます。
ベンチで休む時はスペシャルドリンクと水の2本のドリンクを交互に何度か飲むのですが、
片方のキャップを開けて飲み、閉めてもう片方のボトルのキャップを開けて飲み、
閉めてもう片方のボトルのキャップを開けて飲み、閉めて・・・を繰り返します。
すぐに開けるなら両方開けといて交互に飲んだらよさそうなのに毎回きっちり開け閉めを行います。
そしてプレー再開の前にボトルのラベルを正面に向けて、きっちり並べて出発です。

几帳面というか神経質というか・・・、
世界のトップレベルは凡人には計り知れないものなのですね。

院長
スポンサーサイト

毛髪再生医療~女性編~ - 2015.07.20 Mon

今回は女性の毛髪再生医療とその経過です。

下の写真は薄毛に悩む30代女性ですが、

原本

広いおでこと薄くなった頭頂部が気になり、

「改善できないいものでしょうか?」という質問があり、

内服療法を基本にして、毛髪再生医療を補助的に行いました。

スライド1

毛髪再生医療は植毛とは異なり、

毛髪成長因子複合体などの毛の元になるものを頭皮に注入する方法です。

スライド2

注入の方法としてダーマペンを用いる方法があり、

もともと皮膚の再生医療に使用されていたものです。

麻酔クリームを40~60分頭皮に塗り、その後施術します。

複数回の治療が必要になりますが、

効果が現れと患者様の満足度はとても高いものがあります。

それでは今回の症例の経過をみていきましょう。

いずれも施術して11ヶ月の状態です。

スライド3

額の部分ですが毛髪の再生を認めます。

スライド5

スライド4

頭頂部も毛髪の再生を認め、地肌が見えにくくなってきました。

患者様も大変喜ばれ、現在も治療を継続中です。


30代でも薄毛に悩む女性をたくさんいらっしゃいます。

今回のように内服治療だけでなく、

毛髪を再生する治療を行ったことで、

更に高い満足度を得ることができました。

薄毛でお悩みの方は是非ご相談下さい。


藤沢駅前AGAクリニック




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

FujisawaAGA

Author:FujisawaAGA
藤沢駅前AGAクリニックのブログ
薄毛、抜け毛の情報共有の場に!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (18)
AGA (48)
女性の薄毛 (3)
お知らせ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ