藤沢駅前AGAクリニックスタッフブログ「髪は長い友達」

2017-09

AGAの病態をわかりやすくいうと・・・ - 2017.09.09 Sat

AGAとは男性型進行性脱毛症のことですが、

治療の本質はその進行を止めることであって、

毛を増やす治療ではありません。

AGAは、

思春期以降にとある酵素(5α-還元酵素)によって、

テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化してしまい、

本来であれば、毛根を攻撃し毛が太く長く成長していくはずが、

その成長を阻んでしまい、特に短くて細い毛がどんどん抜けていきます。


例えると、

お風呂にお湯を入れたいけど、

底ブタが抜けている状態がAGAで、

内服することが底ブタをすることになります。

そうすればお湯がたまるわけです。

内服をやめると・・・底ブタをはずせば、

またお湯は流れていき、

進行してしまいます。

現状の毛髪医学では内服と二人三脚で過ごしていかないといけないのが難点ですが、

進行をとめるにはそれしかりません。


AGA治療はあるいみ確立されたといってよいと思いますが、

根治するものではないことをご理解下さい。


藤沢駅前AGAクリニック






スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

FujisawaAGA

Author:FujisawaAGA
藤沢駅前AGAクリニックのブログ
薄毛、抜け毛の情報共有の場に!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (18)
AGA (52)
女性の薄毛 (5)
お知らせ (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ