FC2ブログ
藤沢駅前AGAクリニックスタッフブログ「髪は長い友達」

2017-10

フィナステリド(プロペシア)+ミノタブ+グロースファクター - 2017.10.15 Sun

ここ数日肌寒い雨の日が続いています。
毎年のことですが、気持ちいい秋らしい期間は意外と短いですね。

今回は、40代男性の治療経過を紹介します。

この患者さんは30才頃に前頭部の薄毛が気になり始め、

他院で一度治療した経験があります。

そのときは薄毛が改善しましたが、

2年ぐらいで治療をやめてしまい再び薄毛が進行したそうです。

40代になり、もう一度治療しようと思い当院を訪れました。

前頭部の薄毛は改善するのに時間がかかるのですが、

この患者さんの場合は基本となるフィナステリド(プロペシア)服用に加えてミノキシジルタブレットを服用し、

さらにグロースファクター注入療法を併用することで集中的に治療しました。

するとどうなったか気になりますよね。

治療前後の写真を見てみましょう。

最初の2枚は治療開始時のものです。

A1.jpg

<治療開始時> 前頭部の薄毛が明らかです。


A2.jpg

<治療開始時> 頭頂部の薄毛はあまり目立ちません。


次の2枚は治療後1年半

1Y6MB1.jpg

<治療後1年半> 前頭部の薄毛が改善しています。

見た目で毛が太くコシが出ているのが分かります。

1Y6MB2.jpg

<治療後1年半> 治療開始時と比較すると頭頂部も地肌が目立たなくなっており、

薄毛が改善していることが分かります。


いかがでしょう。

治療効果が分かりづらい前頭部の薄毛でこのように、

はっきりとした改善が得られると治療している側も嬉しいです。

正直なところ前頭部の薄毛はフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(アボルブ)だけでは効果が乏しいことが多く、

改善よりも維持するための治療になりがちです。

この患者さんの場合は、

ミノキシジルタブレット内服とグロースファクター注入療法を併用したことで、

より効果が出ていると思われます。

治療前にはあまり気にしていなかった頭頂部の薄毛も、

しっかり改善しているところも嬉しいですね。


院長



※before & afterの画像についてのご注意
写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

■フィナステリド(プロペシア)
勃起機能不全、性欲減退、精子減少、睾丸萎縮、女性化乳房、筋力低下、うつ症状、動悸、アレルギー、胃痛、肝機能・腎機能の悪化、また他の内服薬と併用で薬の効能が低下する場合もあります。因果関係は不明ですが,ポストフィナステリド症候群(内服を中止してもEDやうつ症状が改善しない)が海外で報告されています。

■ミノキシジル内服のリスク・副作用・合併症
動悸、アレルギー、胃痛など、また他の内服薬と併用で薬の効能が低下する場合もあります。効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。

■グロースファクター注入治療のリスク・副作用・合併症
アレルギー、気分が悪くなる、動悸、血管痛、神経痛、筋肉痛など。また効果や満足度は異なりますのでご了承下さい。


スポンサーサイト

おかげさまで4周年 - 2017.10.12 Thu

藤沢駅前AGAクリニックにご来院いただきありがとうございます。

藤沢駅前AGAクリニック開院4周年

当院もおかげさまで4周年を迎えました。


AGAで悩まれている男性の患者様、

びまん性脱毛で悩まれている女性の患者様、

それぞれの症状に向き合い適切な治療を選択してまいりました。

そして多くの患者様に大変満足して頂いております。

これからもスタッフ一同日々精進し、

患者様に向き合ってまいります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。


藤沢駅前AGAクリニックスタッフ一同




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

FujisawaAGA

Author:FujisawaAGA
藤沢駅前AGAクリニックのブログ
薄毛、抜け毛の情報共有の場に!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (3)
雑記 (18)
AGA (49)
女性の薄毛 (4)
お知らせ (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ