藤沢駅前AGAクリニックスタッフブログ「髪は長い友達」

2017-10

AGA治療で注意すること~治療薬に偽物ってあるんですか?~ - 2014.05.31 Sat

今回は・・・

「フィナステリドに偽物ってあるんですか?」

・・・という質問をよく受けますので、

ご回答したい思います。


まずAGA治療は内服と外用治療が基本です。

内服はフィナステリドと呼ばれる“男性ホルモンを抑えるお薬”、

外用はミノキシジルと呼ばれる“頭皮の血行をよくするお薬”、

この2種類でAGA治療はすすめて行くことになります。

ところで、

今回の質問にあったフィナステリドは、

プロペシア

日本では商品名プロペシアとして販売されています。

1日1錠1mgが原則です。

保険適応のお薬ではありませんので、

処方の際には自費診療になります。

そのフィナステリドですが、

世界中に確認されているだけで、

フィナステリド1mgには、

➀Astifine、②Curlzfin、③Fhilterin、④Finabald、⑤Finalo、⑥Finap、⑦Finara

⑧Finarid、⑨Finast、⑩Finastat、⑪Finax、⑫Fincar、⑬Findor、⑭Finflow

⑮Finpecia、⑯Finster、⑰Fintec、⑱Fintride、⑲Firide、⑳Fistide、㉑F-Pecia、㉒Grohair

㉓Growvita、㉔Gzlfine、㉕Master-Mind、㉖Monast、㉗Prohair、㉘Proscalpin

フィナステリド5mgには、

㉙Proscar、㉚Finast、㉛Fincar、㉜Finara、㉝Prosteride ㉞Fistide

・・・とざっと34種類もあるんです。

実は・・・これらのフィナステリドは、

インターネットで海外から買えるようになっていますが、

AGA治療の前に薄毛の状態が、本当にAGAかどうか?

進行具合かどうか?

通常は医師が診察し処方することになります。

つまり今の症状に対してその薬が適応かどうか判断する必要があります。

その過程をふまず、

自分で勝手に診断して、薬をのむというのは危険です。

また最近はこのようなトラブルを耳にします。

“ネット販売で購入したものが、

  どこの国のものかわからない?”


あるいは・・・

“偽物のフィナステリドだった”

・・・などの報告もあります。

冒頭の偽物の話はこのようなところからきているのかもしれません。

また・・・

副作用が必要以上にでてきたり、

重篤なものになってしまう場合もあります。

医師が処方しないものを購入するということは、

このようなリスクを背負うことになりますので、

何かあった場合は自己責任になってしまいます。

お気をつけ下さい。

藤沢駅前AGAクリニック

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

豆盆栽 «  | BLOG TOP |  » 薄毛治療を始めて6ヶ月。その効果は?

プロフィール

FujisawaAGA

Author:FujisawaAGA
藤沢駅前AGAクリニックのブログ
薄毛、抜け毛の情報共有の場に!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (18)
AGA (53)
女性の薄毛 (5)
お知らせ (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ