藤沢駅前AGAクリニックスタッフブログ「髪は長い友達」

2017-09

20代AGA男性の改善例〜2年の経過〜 - 2017.07.16 Sun

まだ梅雨明け宣言を聞いていませんが、日差しや気温は完全に真夏ですね。

毎年この時期はそう思っている気がします。

暑いと言っていても仕方ないので、熱中症に気をつけて夏を楽しみましょう。


今回は20代前半ですでに進行したAGAの改善例をお示しします。

この方はプロペシア内服のみで劇的に改善しています。

それでは治療経過を見ていきましょう。

まずは肉眼的な所見から

0.jpg
 【初診時

前頭部から頭頂部まで髪の毛が細く、地肌の大部分が透けています。

進行したAGAといえます。

13.jpg
 【13ヶ月後

1年強の治療で地肌が透けて見える範囲がかなり狭くなっています。

軽度のAGAレベルまで改善しています。

22.jpg
 【22ヶ月後】

2年弱の治療で地肌の透けはほとんどなくなり、

つむじ付近の地肌が少し目立つ程度になっています。

ほぼ正常レベルまで改善しています。

肉眼的改善は見たとおりで誰が見ても明らかですね。

こうしてみると簡単なことのように見えますが、

毎日の服薬を継続するのは大変なことです。

意志の強さが成功の一因だとあらためて思います。


次は毛根部の拡大画像を見てみましょう。

01.jpg
 【初診時

全体的に髪の毛が細く、太い毛が2本出ている毛根がほとんどありません。

毛根の数や密度は問題ないので、

髪の毛の太さが薄毛(地肌の透け)の原因と考えられます。

61.jpg
 【6ヶ月後

半年の経過で髪の毛の太さが改善し、細い毛が少なくなっています。

毛根の数や毛根から出ている髪の毛の本数は変化していません。

髪の毛の太さはこの後も徐々に太くなり、

先に示した肉眼的改善に大きく関与していることが分かります。

髪の本数が増えなくても、

太くなることでこんなに改善するということを示す見本のような一例です。


「継続は力なり」

短期間での変化はなくても、2年後の変化を信じて続けることが大切です。

すでに治療されている方やこれから治療しようと考えている方に、

この点は心に留めておいて欲しいです。

院長




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ミノキシジルの使い分け «  | BLOG TOP |  » 女性の薄毛(びまん性脱毛)〜7ヶ月の治療経過〜

プロフィール

FujisawaAGA

Author:FujisawaAGA
藤沢駅前AGAクリニックのブログ
薄毛、抜け毛の情報共有の場に!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (18)
AGA (52)
女性の薄毛 (5)
お知らせ (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ