藤沢駅前AGAクリニックスタッフブログ「髪は長い友達」

2017-05

謹賀新年 - 2017.01.01 Sun


IMG_0531.png






年末年始の薬切れに注意! - 2016.12.25 Sun

メリークリスマス2016

メリークリスマス! 
皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

今年もあとわずかとなり、藤沢駅前AGAクリニックもラストスパートです。
当院は秋頃からスタッフが増えて業務が円滑になりましたが、
それでもまだ薬の欠品など皆様にご迷惑をお掛けすることがありました。
そんな時も皆様にはご配慮をいただいたきながら、
今年一年が何とか無事に終わりそうです。
ありがとうございました。

年末年始は内服薬の飲み忘れがありがちなのでお忘れなきようお願いします。
まぁ1回ぐらい忘れても翌日からいつも通り内服すれば問題ないです。
それよりも薬が切れそうな方は早めにご来院、薬の継続をお忘れなく!
1日、2日はともかく1週間以上空いてしまうとAGAが初期状態に戻ってしまい、
内服を再開しても効果が出るまで時間がかかることがあるので、
薬切れにはくれぐれもご注意ください。

ちなみに年末年始の休診日は、
12/31(土)~1/4(水)
12月30日(金)は、10時~15時までの診療です。
年始は、2017年1月5日(木)17時からの診察です。

皆様のご健康とAGAの回復を願い、
年末の挨拶とさせていただきます。
よいお年をお迎えください。 

院長

45歳男性の薄毛治療~内服と外用治療で11ヶ月の経過を観察中 - 2016.12.15 Thu

今回は45歳の男性のAGA患者様で、

スライド1

内服治療のプロペシアと

外用薬のデュアルゲンを使用してAGA治療を行いました。

スライド3

患者様は40代ですが薄毛・抜け毛が進行していて、

短期間で改善するのは厳しい状態でした。

しかし・・・

まだまだ決して諦める必要はなく、

AGA治療をスタートしました。

それでは11ヶ月目の経過をみてみましょう。

スライド4

スライド5

スライド6

治療開始11ヶ月ですが、

患者様本人は治療開始前は半ば半信半疑でしたが、

改善していることがわかりとっても喜んでおられました。

頭頂部の拡大像もあわせてみていきましょう。

スライド7

頭頂部の毛が太くなり、密度も増えてみえますね。

いつもこのブログでも発信していますが、

AGA治療は進行を止め毛を太くする治療であって、

毛を増やす治療ではありません。

この患者様も11ヶ月で毛が増えたのではなく、

毛の太さが太くなり増えたように見えているのです。

AGA患者さんは毛がなくなっているわけではありません。

だから諦める必要はないんです。


いかがでしたか?

治療を始める前から決して過剰な期待はせず、

まずは薄毛・抜け毛の進行を止めることから始めましょう!

藤沢駅前AGAクリニック




AGA治療薬の正規品のすすめ - 2016.11.13 Sun

眉
眉毛(まゆげ)

頭
頭頂部

指


こんにちは、秋も深まり冬のような日が増えてきました。

突然3枚の写真からのスタートで何のこと?って感じですね。

これらは眉毛、頭髪、指の毛で

それぞれ太さや毛根の間隔、

毛根から出る毛の数が異なることが分かります。

どの写真も毛の状態や皮膚の状態が良く、正常と言えます。

私たちはこれらを何気なく見て判断できますが、

見慣れていない方が判断するのは難しいでしょう。

また拡大した毛根部をきれいに撮影するのは案外難しく、

私たちもときどき失敗します。

定期的に毛の状態を観察するのはAGAクリニックならではの特徴です。

治療経過中の経過観察はとても重要なのですが、

肉眼的な観察だけ、薬を出すだけのクリニックもあるようです。

それだと髪の長さや髪型で判断が難しくなるので大丈夫かなと心配になります。


心配と言えばもう一つ、

たまに・・・

「内服薬はネットで購入するから

  ミノキシジルやグロースファクターの注射だけお願いします」


・・・という方がいらっしゃいます。

ネット通販の薄毛治療薬は個人輸入で

自己責任のもとに購入・服用という状況のようです。

なかにはまともなジェネリック医薬品もあるかとは思いますが、

粗悪品や発がん物質を含むものも出回っていると報告を受けています。

粗悪品を服用して効果がないだけならいいのですが、

副作用や障害が生じた場合に誰も責任を取れません。

そうした危険を冒してまで安さを求めるのはどうかと思います。

せっかく治療するなら正規の医薬品を使用して、

信頼できる結果を期待するべきだと思います。

また、もしもの場合に製薬会社の責任を追及できるようにしておく方が安心ですよね。

当院では写真の経過を確認しながら、

また副作用をチェックしながら、

安全第一でそれぞれの患者様が出来るだけ長く続けられように心がけています。


院長


画像による経過観察の重要性 - 2016.10.10 Mon

本日は体育の日、10月10日は晴れの特異日として有名ですが、

今日は微妙な秋晴れですね。

おかげさまで当クリニックも2年以上治療を継続されている方が増えてきました。

当院は他の薄毛治療を行っているクリニックに比べて脱落される方が少ないのが誇りです。

治療継続率が高い要因として、少なくとも半年に一度は肉眼像と毛根部の拡大像を撮影、

記録して過去画像と比較しながら説明していることがあげられます。

画像による比較を行うことで毛髪の状態を客観的に見ることができるため、

治療効果を納得しやすいのだと思います。

画像を用いた経過観察が役立った例を紹介します。

50代男性、治療開始後3ヶ月で毛髪のコシや太さが改善したのを実感し始めました。


マクロ初診
マイクロ初診

6ヶ月後の経過観察で肉眼像で地肌の透けが減少し、

拡大像で毛根部の太さが太くなっています。


マクロ12M
マイクロ6M

1年後には上から見なければ薄毛を感じさせない程度まで改善しました。

24.jpg
0242.jpg

しかし、2年後、再び薄毛が目立つようになりました。

散髪後だったので髪を短くしたためなのか、

AGAの進行か判断が難しいところです。

拡大像を見ると1年後と変化はなく、

AGA進行は否定的と判断できました。

安心してこれまで通りの治療を継続することになりました。


follow6.jpg

現在も若干地肌が目立ちますが、

AGAの進行はなく経過良好です。

AGAが一時的に進行したように見えることはしばしばあり、

その時、患者さんは不安になります。

そんなときに拡大像を見ることでAGAの進行がなければ、

問題ないと説明できて患者さんを安心させることができます。

反対にAGAの進行が認められれば、

AGAの進行を抑えるために薬の変更や注入療法などを加えたりすることができます。

もしも画像がなかったら、医師は治療継続や治療方法変更の判断がしづらく、

患者さんも納得しづらいと思います。

画像を用いた経過観察は患者さん、

医師ともに納得して治療を進めていくために重要で必要不可欠なのです。

我々は少なくとも半年ごとに画像を記録するようにしていますが、

まれに忘れてしまうことがあります。

もしも写真を撮り忘れることがあれば、

遠慮無く「先生写真は?」と催促していただけると助かります。


院長






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

FujisawaAGA

Author:FujisawaAGA
藤沢駅前AGAクリニックのブログ
薄毛、抜け毛の情報共有の場に!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (1)
雑記 (18)
AGA (49)
女性の薄毛 (4)
お知らせ (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

月別アーカイブ